スタッフブログ

 
フォーム
 
パシフィック八尾 Part.Ⅲ 7号地・8号地の地盤改良工事の実施!
2015-02-20
パシフィック八尾 Part.Ⅲ 7号地・8号地の地盤改良工事が実施されました!
 
 現在、『パシフィック八尾 Part.Ⅲ』の7号地・8号地の戸建て住宅の着工前に、地盤調査を2月7日(土)に実施いたしました。
 
 住宅の基礎や建物の構造がどんなに丈夫であっても、地盤が弱ければ不動沈下などにより、住宅が傾いてしまいます。 「地盤調査」は、その事態を避ける為、建設工事の着工前に、地盤が構造物を安全に支持できるかどうか、また、安全に支持するための方法を技術的に調べることをいいます。
 
 調査は、1区画の敷地の中で数か所のポイントで行います。
土地の大きさや形状にもよりますが、一般的な住宅の敷地では、5か所で行うことが多く、建物の4隅と中心部分で5か所になります。
 
 その調査が終わりますと、その調査に基づき、構造物を安全に支持するために、地盤の改良(補強)工事を実施いたします。この改良工法は、地盤の形状に応じて工法が違っており、主に、一般の住宅での工法は、『表層改良工法』、『柱状改良工法(ジオコラム工法)』、『小口鋼管杭工法』の3つです。
 
『表層改良工法』は、軟弱地盤が深度2mまでの場合に行う工法で、『柱状改良工法(ジオコラム工法)』は、軟弱地盤が深度2mから8mまでの場合に行う工法となり『小口鋼管杭工法』は、軟弱地盤が深度2m以上で、狭小地などで大型重機の搬入が難しい場合に行う工法となっており、この工法では、深度30mまでの工事が可能です。
 
「パシフィック八尾 Part.Ⅲ」の7号地・8号地の地盤調査に基づき、2月16日(月)・17日(火)の2日間、地盤改良工事が実施されました。
ちなみに、7号地・8号地の工法は『柱状改良工法』で実施されています。
 
この工事が終わると、いよいよ戸建て住宅の着工が始まります!
 
一度、お近くの方はもちろん、八尾市竹渕周辺でお住まいをお考えの方は、是非現場まで足をお運びいただき、『パシフィック八尾 Part.Ⅲ』をご覧ください。
 
 
『パシフィック八尾 Part.Ⅲ』クリックすると、物件ページへ移動します。
 
 
 
 
 
 
亀岡にある旅館の物件案内に行って来ました!
2015-02-05
今週のブログ担当 営業部の川崎です。
 
先日、物件の案内で京の奥座敷とも称される湯の花温泉郷の旅館を案内をしました 
 
京都市内からは車で30分京阪神からも近く、美しい自然に包まれた四季折々の風情が魅力の物件です。
建物に関しては、古き良き日本の雰囲気が出ていると思います!
 
周辺の娯楽として保津川下りトロッコ列車があり、平日にも関わらずにぎわっていました。
 
旅館以外に、研修施設介護施設保養所などとしても活かせるのではと思います。
 
気になるお値段は、税込価格6,780万円と大変お求めやすい価格となっております
 
ご興味のある方は、川崎までご連絡ください。
 
また、今年から担当物件が変わりましたので、こちらもよろしくお願いいたします
詳細は
『パシフィック東住吉 partⅤ』クリックしていただくと物件ページへ移動します。
 
髙松建設株式会社様施工の賃貸物件の内覧会に行きました!
2015-01-24
今回のスタッフブログは、総務が担当いたします。
 
先日、髙松建設株式会社様施工の賃貸物件を見学させていただきました。
 
見学に行ったのは、弊社の建築不動産企画営業部のメンバー5名と総務の私の総勢6名で、
髙松建設様が施工された賃貸物件の内覧会にお邪魔しました。
私たちが、内覧させていただいた物件概要は、次のとおりです。
 
見学日時:1月23日(金)2時~
物件名 :「アーク長田」 
建物構造:木造3階建て(2×4工法) 戸数:6戸
物件場所:東大阪市長田西1丁目
専有面積:44.35㎡(13.4坪)、バルコニー:10.75㎡(約3.3坪)
間取り :1LDK(LDK:13.5帖、洋室:約6.3帖)
 
物件の特長は、
階段室型』 で1フロアーに2戸あり、全戸角部屋になっています。
② バルコニーも広く、コンパクトな配置で使い勝手の良い1LDKとなっています。
③ 1階は専用庭付き(2戸)があります。
④ ダークグレーの建物、ホワイトのバルコニーのスタイリッシュなデザインです。
 
1人住まいから少人数のファミリータイプとして対応可能であり、キッチン回りや洗面所は広めで、
2・3階は、バルコニーが2ヵ所(1階はバルコニーとテラス)があるので、女性にもとても嬉しい
造りになっていました。
 
住まいまでの交通アクセスは2つのアクセスがあり、大阪市営地下鉄 中央線「長田」駅で、物件までは、
徒歩で10分程度となっており、もう一つは、JRおおさか東線「高井田中央」駅で、徒歩で13分と
なっているので、とても便利な場所だと思いました。
 
最近は、今回内覧させていただいた物件のような階段室型の木造建築で、収益物件として建設されている
のが増えているようです。 
弊社でも、自社物件で賃貸マンションがありますが、この内覧した木造建築タイプもなかなか素敵な
住居だと感じました。
 
 これからも、私たち総務メンバーも積極的に他社の内覧会などの見学を通して、不動産の知識を増やすことはもちろんですが、展示されている販促ツールも併せて勉強させていただき、営業メンバーの助けになるツールを考案できればと、思った1日でした。
 
次回のスタッフブログは、営業メンバーが担当いたします! 
 
 
新規分譲物件ができました!
2015-01-14
 今週は建築不動産部の小川が3回目の担当をします。
 
 前回、確定測量の説明をさせて頂きましたが、今回はその具体的な話をさせて頂きます。
前回のブログクリックして頂くと、前回のブログページへ移ります。
 
 当社ホームページにはまだ掲載されていませんが、昨年10月末に東住吉区西今川4丁目で古家付の物件を購入致しました。
 物件購入後、すぐに古家の解体をして現在は更地の状態で、1戸分だけの分譲地として販売する事が決まっています。
 西側が6m以上の道路間口が約7m奥行が15m以上の整形されたきれいな土地です。
 購入した物件の土地登記簿謄本の記載面積は116.19㎡となっています。前回に説明させて頂いたところの『公簿面積』というものです。
 
 物件の購入をするにあたり、メジャーで大体の面積を測ったところ、大きく面積の差異が無いことの確認をしましたが、古家もあり現況測量をしていませんでしたので、実際の測量面積は不明でした。
 また、北側隣地と西側隣地の境界は購入以前に境界確定をしていましたが、南側隣地の境界は未確定のままでした。
 特に南側隣地の西の道路側には境界のポイントもありませんでしたので、昨年11月に土地家屋調査士に西側道路の境界明示と、南側隣地境界の立会・確定を依頼していました。
 そして、つい最近に南側隣地境界の立会いが終わり、境界の確定が出来ました。これでこの土地は、隣地との境界線が全て確定して、将来においても隣地との境界線の協議をする必要の無い土地になったのです。
 
 それに伴いまして、土地の確定測量ができて確定測量図も完成して、確定測量面積が出ました。
 確定測量面積は、115.23㎡でした。公簿面積116.19㎡より0.96㎡だけ小さくなり、本当の面積が確定したわけです。
 また、確定測量ができたことで、前回も説明させて頂いた土地の分割も可能になりました。
 所謂、分筆登記』です。
 
 また、実はこの土地に北側隣地から大きなコンクリートブロック塀が44cmほど越境していたのですが、その越境している塀の部分から道路までの幅約44cmの細長い土地を、隣地所有者の方が分割して譲ってほしいとの事で、約2坪の土地ですが既に売買契約の締結をしています。
 その部分に目隠しフェンスの工事も昨年末にされましたが、その時点では元の土地の確定測量ができていなかった為、分筆登記が出来ませんでした。
 しかし今回、確定測量が出来て今月中には分筆登記が完了予定となりましたので、取引決済を行う予定です。そうなると、確定測量面積は115.23㎡でしたが、6.64㎡を売却して分筆後の面積は108.59㎡となります。
 ここまで長々と確定測量分筆登記の具体的な話をさせて頂きましたが・・・
この物件こそが【パシフィック西今川】といい、今回新発売の物件です。
 
 たった1分譲区画しかございませんが、西側が6m以上の道路間口が約7m奥行15m以上のきれいな整形土地で面積108.59㎡32.8坪です。住宅地として広さ、形、立地条件は最高だと思います。
 大変、希少価値のある物件だと思いますので、是非ともお問い合わせをしてみてください。
 
『パシフィック西今川』の物件情報は、現在制作中ですが、不動産・住宅情報サイトのHOME’S(ホームズ)に掲載しておりますので、西今川付近でお住まいを考えておられる方は、是非ご覧ください。
 
☆新年のご挨拶☆
2015-01-05
新年明けましておめでとうございます。
 
昨年中は、格別のご厚情を賜り厚く御礼を申し上げます。
本年も社員一同、皆様の「住まいの実現 ~住み心地からアフターまで~」を合言葉に、皆様にご満足頂ける物件情報の発信を心掛けてまいりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
 
平成27年1月吉日
太平地所株式会社
建築不動産企画営業部一同
 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
今週は建築・不動産部の小川が2回目の担当をします!
2014-10-20
今週は、建築・不動産部の小川”が2回目の担当をいたします。
今週はちょっと堅苦しいお話になりますが、知っていて損にならない話です。
  
中小不動産会社は、だいたい次の2団体の保証協会に所属しています。
 
 ●全国宅地建物取引業協会 → 「ハトさんマークの宅建協会」
                       (写真)
 
  ●全日本不動産協会   → 「うさぎさんマークの全日協会」
 
と言うか、不動産業を行うにあたって ”大手不動産会社” 以外は、上記の2団体
を含め、必ずどこかの保証協会に入らないといけない様に規則で定められてます。
 
名刺に、「〇〇協会所属」とか仰々しく書かれているのをよく見ますが、当たり前のことで
最近は、名刺に所属協会が書かれていない方が多いかもしれません。
 
逆にどこの協会にも所属していない業者があれば、不動産取引は出来ませんので気をつけましょう 
 
因みに、
大手会社は自社で保証供託を行っていますので、保証協会には入っていません。
 
弊社は、ハトさんマークの宅建協会に所属をしています。
また、宅建協会では、所属している会社は年3回ある研修会には必ず参加しなければ
いけない事になっていて、この14日(火)に今年3回目の研修会があり、参加をして
きました。その中で、敷地面積の話がありましたので、後学のために少し豆知識を
お伝えいたします。
 
「土地登記簿謄本」の地籍の項目に ”敷地面積” が記載されているのですが、
その面積が本当に正しいかどうかは、謄本を見ただけでは分かりません。
 
私の経験上の感覚では、本当の面積を記載された謄本は、3割程度だと思います。
従って、土地を売買する時には、公募面積(謄本上の面積)及び実測面積(実際に
敷地測量)のどちらかで取引するのかを決めます。
 
公募面積で取引きした場合に、後に敷地測量をした時に面積の違いが出て、
広くなったり、狭くなったりします。
売った人が得をするか、買った人が得をするのかはわかりません。
 
それでは、お互いに損をしない様に敷地測量をしようとしますが、その時の測量の
仕方で大きく意義が変わります。広さだけの測量だけでは、ダメなのです。
 
敷地は、ほとんど他人の名義の隣地(公共の道路、川、水路、池等も含む)に囲まれて
います。その囲まれた他人の隣地の境界を全て決めていかなければ、本当の敷地
境界線も存在しません。
 
従って、全ての隣地境界線を隣地の立会いの元で敷地境界線を決めていって測量を
する事を 『確定測量』 と言います。この「確定測量」の意義を知らない業者さんが
今まで取引をしてきた中でも、結構おられます。
 
また、この「確定測量」が出来ていないと以前は可能でしたが、現在は土地を分割して
登記(分筆登記)する事も、出来なくなっています。条件によっては、「確定測量」が
出来ない敷地もありますので、今後は土地面積が確定測量によって出された面積か
どうかも知る事が大切な要素ですので、確定測量という言葉と意義を覚えておいて
損はしないと思います。
 
   確定測量済みで分筆が完了しています。
 
『パシフィック八尾Ⅲ』も、確定測量済みで
   開発工事終了すれば分筆予定です。
 
 『パシフィック寺田町も確定測量済みで、
  分筆はしていませんが、いつでも分筆は可能です。
 
 
不動産物件は、思った以上に奥が深いです!!
 
 
 
※上記の各物件名をクリックしていただくと、その物件の詳細画面に変わります。
 
 
 
☆観葉植物リニューアル☆
2014-10-02
今週は総務がブログ更新ということで・・・
先日、ショールームの観葉植物をリニューアルしました(o´∀`)
やはり緑があると雰囲気が変わりますね
空気も心なしか澄んで・・・いるような?
兎にも角にも、植物は気分をリフレッシュさせてくれます
 
では、新たにお迎えした植物をいくつかご紹介します
 
まず、当社ビルの入り口には、私の背を軽く超える大きなポトスタワー
お客様をお出迎えしております(参考までに私の身長は156㎝でございます)
 
蔓科のポトスは成長が早く、放っておくとすぐに四方八方に伸びてしまうので、
支柱に巻きつけてタワー状にセッティングしております!植木屋さんが。
 
ポトスのお手入れもですが、わたくし所属は総務ですが、稀にお客様をご案内することも
ありますので、自分自身の身だしなみにも気を配らなくてはいけませんね。とか言ってみたり
 
ちなみにポトスは、別名「黄金蔓(オウゴンカズラ)」とも呼ばれております。
なんか聞いたことある~と思いました、私。
 
花言葉は『長い幸』『永遠の富』『潤い』『華やかな明るさ』
『永遠の富』まさに会社的にはもってこいの花言葉ですなぁ( *´艸`)フフフ
『華やかな明るさ』、お客様をお迎えする玄関にピッタリではございませんか
 
ショールーム入り口のシューズボックスの上には、トロピカルな雰囲気の
バナナに似た形の葉が特徴的なオーガスタ
ひっそりとお出迎えしております 。+.゚ヽ(o´∀`)ノ゚.+。
 
オーガスタの別名は「Strelitzia Nicolai(ストレ(リ)チアニコライ)」です。
皇帝ニコライ一世の名前からつけられたとか・・・
※ニコライ一世とはロシアの皇帝です
 
うーん、セレブな観葉植物ですね。
何故皇帝の名前が付けられたかは謎です
知っている方は私まで情報を
 
花言葉は『暖かい心』
うん、大事ですね。
お客様だけに限らず、同僚、家族、友人、隣の人、人に対して暖かい心で接する。
これ人生の課題ですねε-(;- ω -`A) フゥ…
 
リビングの応接…はまた次回にします。
写真を撮り忘れたからではありませんよ!(。`・ω・´。)

キッチン付近にはドラセナマッサンゲアナ。長い…長いよ
はい、通称マッサンです。本当ですよ
マッサン・・・今が旬ですね。朝ドラとか朝ドラとか朝ドラとか・・・
 
マッサンは別名、「幸福の木」と呼ばれ、お祝い事などの時に贈られることの多い植物です。
花言葉は、その名の通り『幸福』です。
そりゃそうです。

皆様に幸福が訪れますように…と願うのは勿論ですが、
わたくし個人的な理由でもう一つの花言葉の方が気になっております

『幸せな恋』
それは知らなんだ
「幸福の木」ということと見た目で購入したのですが・・・なんか良かったーヾ(*´∀`)ノ
 
新しい土地、新しい家、環境が変われば関わる人も変わりますよね。
当社では、現在
の開発工事を着々と進めております
新しい家・・・建ててみませんか
 
いきなりめちゃめちゃ宣伝しましたが、新しい場所では新しい出会いがあるのです
それでは皆様に、そしてに幸せな恋が訪れることを願って、仕事も頑張りましょう。
お客様がいらっしゃった時に、少しでも居心地が良いと思っていただけるような空間作りを目指して

総務、田中が担当致しました

花言葉って・・・誰が決めているのでしょうか・・・謎(´・_・`) 
 
 
 
パシフィック東住吉パートⅤ担当の永野です!
2014-09-26
こんにちは!
 
『パシフィック東住吉partⅤ』の物件を担当をしています
 
永野です!
 
季節も夏から秋へと移り変わり、朝夕は過ごしやすくなってきましたね。
 
分譲現場の近くに”大和川”があります。
そこでは、きれいな夕焼けを見ることができますので、一部をご紹介いたします。
 
夕焼けの写真(①~③)は、上部に掲載しています。
 
と、
こんな感じでとても表情も豊かです!
大阪市内ですが、とても緑も多く、お散歩コースもたくさんあります。
 
だんだん宣伝になってきましたが、
 
『パシフィック東住吉partⅤ』分譲中です!
 
是非、現地までお越しください。
 
心からお待ちしております!
 
 
「パシフィック東住吉partⅤ」 ← ここをクリックしてください。 
 
 
2回目の登場です!  不動産部の山田です!
2014-09-18
不動産部の山田です!
 
秋の気配を感じられる季節になりましたが、夏の出来事をひとつ書き綴っておきます。
 
この夏、生まれて40数年目にして初めて『鳥取』の地に足を踏み入れました!
子供の夏休みの宿題(手作り新聞のようなもの)のネタ造りで訪問しました。
足跡は、以下の通りです。
 
*鳥取砂丘 ⇒ 巨大な砂の壁に打ちのうちのめされ日頃の運動不足を
        思い知らされる(ちなみに子供はスイスイと登頂に成功!)(>_<)
 
*水木しげるロード ⇒ あいにくの雨 … しかし訪問客多し!
            (ここも『妖怪ウオッチ』効果あり?)
 
なんといっても道中で見た風景ですが、
風力発電用の巨大な風車が果てしなく(そんな感覚だったので)建ち並んだ風景が、
わたくし的には大変印象に残っております。             【写真①】
 
話は変わりますが、先日、物件現地確認業務で”箕面方面”に行きました。
かなり昔にお猿さんに出会った記憶もあって、なんとなく懐かしい気分になりました。
 
今回は、残念ながら少しの時間だったので、『紅葉の天ぷら』を少し食べて帰社となりました。
                                       【写真②】
川のせせらぎを聞きながら、森林浴効果もあったせいか、”いい味”していました!
ちなみに物件も良かったです。!(^^)!            【写真③】
 
 
リコージャパン株式会社様の展示会に行って来ました!
2014-09-10
今週は、総務人事(担当:横治)が担当いたします。
 
先日、リコージャパン株式会社様の展示会&セミナーに行って来ました!
 
『Value Presentation 2014  大阪会場』
 
会場:大阪国際会議場(グランキューブ大阪)
日程:2014年9月9日(火)~10日(水)
主催:リコージャパン株式会社、リコージャパンビジネスパトナー
 
 
セミナーは時間的なこともあり出席していませんが、リコージャパンの営業担当者様と一緒に、
展示会場を見学させていただきました。
 
パソコン、スマートホンやipadなどを利用した最新技術のシステムやソフト等の紹介コーナーがあり、
弊社の営業部や建築・不動産部の方々が活用できそうなものもありました。
 
また、
現在、リコー様がテレビ等で宣伝をされている工事不要の『LEDランプ』の紹介コーナーもあり、
既に、弊社内でもその商品:「直管形LEDランプ」を検討していることから、その担当者様に
商品の特徴など説明をお聞きいたしました。
 
その説明をお聞きし、日々の業務中、事務所内はずっと「蛍光灯」が点灯していることから、
”LED”は電気代の削減効果が大きいので、とても経費節減に期待ができると思いました。
 
また、もう一つ感心したことは、点灯している『LEDランプ』発熱しておらず、
蛍光灯を手で持っても熱くなかったことです。
 
■写真の解説
 向かって左から、「受付」、「展示会場内」、「LEDランプの紹介コーナー」の写真です。
 
今後も、何かのイベント等に出席させていただいた内容もお話させていただきたいと、
思います。 
1
201407041100204882.jpg
019478
<<太平地所株式会社>> 〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町8-6-26 TEL:06-6797-0349 FAX:06-6703-6788