スタッフブログ

 
フォーム
 
『パシフィック八尾 Part.Ⅲ』の地鎮祭を執り行いました!
2014-12-12
先日、開発工事が完了し、今後戸建住宅等の建設をする為、『パシフィック八尾 Part.Ⅲ』に於いて、“地鎮祭”を執り行いました。
 
日時:平成26年12月11日(木)【大安】午前11時から
場所:八尾市竹淵5丁目
工事名称:『パシフィック八尾 Part.Ⅲ、新築工事』
事業主:太平地所株式会社
設計:太平地所株式会社 平野営業所 一級建築士事務所
施工:株式会社大忠建設 様
斎主:菅原神社 様
 
 あいにくの雨天での地鎮祭でしたが、太平グループの会長をはじめ、事業主である弊社社長、建設会社様、そして私たち社員も参列させていただき、菅原神社の斎主(いわいぬし:神主)による「修祓(しゅばつ)の儀(参列者の心身を祓い清めて、神に近づく行事)〈写真①〉」から始まって、最後に関係者が神饌(しんせん)(※1)の神酒のおさがりを頂戴して、関係者の和楽を尊ぶ行事「神酒拝戴(しんしゅはいたい)」まで無事に終了いたしました。
 
(※1)神饌・・・神様に供える供物のこと
神様に供物をお供えする儀式のことは「献饌(けんせん)の儀〈写真②〉」といいます。
また、建築する土地の永遠の安定と施主様や工事関係者の守護を願い玉串を捧げて礼拝する儀式のことを「玉串奉奠(たまぐしほうてん)〈写真③〉」といいます。
 
今までも、会社としては多くの現場に於いて、この地鎮祭を執り行ってきましたが、施主様や工事関係者の思いはもちろん、私たち建築不動産に携わる者として、毎回身が引き締まる思いで参列をさせていただいております。
 
この日は雨で足元が悪く、一つ一つの儀式も執り行うのが大変そうでしたが、斎主が儀式の最後にお話された「雨降って、地固まる」というお言葉をいただき、「なるほど、雨が降って逆に、この物件は良かったのかな」と思いました。
 
今回地鎮祭を行った物件はこちらです。
        
『パシフィック八尾 Part.Ⅲ』クリックすると、物件ページへ移動します。
 
 
『地鎮祭』とは・・・
 
地鎮祭とは、土木工事を行う際や、建物を建てる際に、神様に工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。
 「じちんさい」と読むほか、「とこしづめのまつり」と読むこともあります。
建物を建てる土地や、土木工事をする土地の氏神様の神職(斎主)をお招きして、地鎮祭を執り行います。お供え物をし、祝詞をあげ、お祓いをして浄め、施主が初めてその土地に鍬(くわ)や鋤(すき)を入れます。起工式と同時に行われる場合もあります。
 
元々は、その土地の氏神様を祀っている神社が地鎮祭をしていましたが、近年では氏神(うじがみ)、産土神(うぶすながみ)、鎮守(ちんじゅ)の神が同一視されるようになってきており、最も近い場所にある神社に依頼することが多くなってきています。
 
地鎮祭の日取り・・・
地鎮祭は、慣例的には吉日を選んで行われることが多いようです。
地鎮祭の吉日とされるのは、大安、先勝(または友引)の日です。
儀式は、暦を見て大安、先勝(または友引)の日を選び、午前中に行います。
手配や準備は施工会社に依頼するのが一般的です。
出席するのは、施主、施工会社、工事関係者、神職です。
 
 
総務として今年最後のブログです!
2014-12-12
総務の横治です。
先日、リコージャパン株式会社様の展示会&セミナーに行って来ました!
 
『Super Gathering 2014 in 住吉大社』
会場:住吉大社 吉祥殿(大阪市住吉区住吉2-9-89)
日程:2014年12月11日(木)
主催:リコージャパン株式会社様
 
場所は、皆様も人出の多い初詣の場所でよくご存知の「住吉大社」で、その神社内にあります『吉祥殿』(写真参照)で開催されました。
 
今回は、リコージャパン様が取り扱っておられる各ソリューションの展示はもちろん、セミナーも開催され、その中で2016年から施行される「マイナンバー制度」のお話があり、会社はもちろん、社員の方にも関わる大切な制度ということで参加させていただきました。
 
 この制度の詳細については、今後皆様にも、当社なりに情報発信をさせていただきたいと思っていますが、この制度が導入されるきっかけは、皆様も直面されたかと思いますが、2007年の年金記録問題です。
年金基礎番号に統合・整理されていない記録が約5000万件もあることが判明した問題でした。
そこで、国として、「番号管理の必要性」が生じた為に、「マイナンバー制度」が2013年5月24日の国会で成立し、2016年1月から制度開始となります。
 
まだまだ、この制度での運用上の詳細が決まっていないこともあり、今後色々な詳細が決定し、案内されてくるということですので、皆様と一緒に注目していきたいと思います。
 
 
さて、話は変わりますが、今回展示会とセミナーが開催された住吉大社について少しお話したいと思います。
 
住吉大社(すみよしたいしゃ)は、大阪市住吉区住吉にある神社です。
全国に約2,300社にある住吉神社の総本社であるほか、下関と博多にある住吉神社とともに『日本三大住吉』の一社です。
 
毎年、初詣の参拝者の多さでも全国的に有名なのは、皆様もご存知かと思います。
 
今年2014年の三が日の人出ランキングベスト10
 
上位は関東方面が占めていますが、住吉大社は第6位にランクインしています。
 
第1位 明治神宮   約316万人
第2位 成田山新勝寺   約305万人
第3位 川崎大師 平間寺   約302万人
第4位 浅草寺   約283万人
第5位 鶴岡八幡宮   約250万人
第6位 住吉大社   約236万人
第7位 熱田神宮   約230万人
第8位 武蔵一宮 氷川神社   約215万人
第9位 太宰府天満宮   約200万人
第10位 生田神社(神戸)   約152万人
 
 皆様も来年、年明けにお近くの神社やお寺に初詣に行かれると思いますが、皆様にとって良い一年であることをお祈りいたします
 
来年も、色々な情報を発信して、『太平地所』をもっと知っていただき、戸建住宅等の販売や仲介を通じて、多くのご縁をいただければ幸いと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
 
成約がありました!
2014-12-08
不動産部の山田です。
今回でブログは3回目になります。
 
12月になりましたが、成約がありました!!
(個人的に今年最後となりそうですが
 
お客様は新築を希望されていて、半年ほど定期的にご提案しました。
小学校区限定で、中々条件に合うものがなかったのですが・・・
最終的には、価格面や、年末年始を新居で過ごしたいということで、東住吉区の小学校区にある築浅中古物件でお決めになりました。
ご希望通りにはならず少し残念ですが、物件にはご満足いただけたようです
 
最近の住宅市況の記事では、中古住宅のストックが820万戸もあるそうです。
正直ピンとこない数字ですが、かなり多めだと思います。
次回はそういった内容のブログを予定しています。
 
 
最後に和歌山方面へ釣りに出かけた時の出来事をひとつ
息子が3時間かけてやっとの事で手のひらサイズの魚を釣り上げました。
妻が釣り針を抜く為に素手でその魚を捕まえた瞬間・・・
 
痛っ!!!
 
その魚は隠されていた背びれを全開に広げ、妻の指先をチクリと刺したのです!
ひれの棘には毒を含んでおりその場(数人しかいませんでしたが)は、一時騒然となったそうです。
私は、その場にいなかったので後で聞いた話ですが
幸いにも、隣の釣り人のおじさんの手助けやアドバイスもあり、軽い水ぶくれ程度ですみました。
 
その魚というのは「アイゴ」です。⇒写真参照
 
ちなみに韓国ドラマで聞いたことがあるという方がいるかもしれませんが、思いもよらぬ出来事で驚いた時には「アイゴ!」と言われるそうですよ。
 
アイゴを釣って、「アイゴ!」と叫ぶことがないように、釣りに行かれる方は気を付けてくださいね・・・
 
当社の物件もよろしくお願いいたします! 
『パシフィック東住吉 partⅤ』←こちらをクリックすると物件ページへ移ります。
 
 
巨大なツーリングバイク登場!!
2014-11-28
今回ブログを担当する永野です。
 
営業所エントランスに巨大なツーリングバイクが登場
 
あまりバイクには詳しくないのですが、少し調べましたところ・・・
 
【HONDA GOLDWING 1980年モデル】
 
当時日本ではまだ正規販売されていなかったので、手に入れるためには、独自のルート等で並行輸入しなければならなかったようです。
たぶん(笑)
 
安定性はあるので転倒することはあまりないでしょうが、もし倒れたら熟練者でないと一人では起こせないと思われるモンスターマシンです。
 
バイクにご興味のある方は、ぜひ見学に来てくださいね。
そのついでにショールームにもお気軽にお越しください。
 
わたくしの担当物件もよろしくお願いします
 
『パシフィック東住吉 partⅤ』←こちらをクリックすると物件ページへ移ります。
 
 
LED照明でどう変わる?
2014-11-20

総務の田中です

前回のブログで予告しましたとおり、今回は『LED照明』について書きたいと思います。

先日、当社ビルの照明をLEDに交換し、それに伴う電気工事も完了しました。

 

写真①・・・ビル出入口の投光器

写真②・・・1Fエントランス

写真③・・・4F事務所

 

なぜLED照明にしたのか

LEDに取り替えることで、どのような効果をもたらすのか

メリット・デメリットも含め、簡単に書かせていただきます。

 

そもそも『LED』とは・・・

 

Light(光る)Emitting(出す)、Diode(半導体)の略で、電気を流すと発光する半導体のことです。

LED照明は、この半導体の発光特性を使って作られた新しい照明のことです。

 

このLEDがもたらす大きな効果として以下のことが挙げられます。

 

「環境負荷削減効果」

 毎日使用する照明を、環境負荷の少ないLEDに取り替えることで、CO2の排出量を削減できます。

また、従来の蛍光灯と違い、水銀をいっさい使用していません

 

  環境に優しいエコに貢献

 

「省エネ効果」

 白熱灯や蛍光灯などの従来品に比べ、消費電力が大幅に削減(白熱電球の約1/8)されます。

さらに、約40,000時間の長寿命なので、1日10時間使ったとしても約10年間に1回の交換ですみます。

 

  電気料金もお得に

 

当社での消費電力を従来のものとLEDとで比較してみたところ・・・

事務所・・・40W(蛍光灯)⇒24W(LED) 40%減

ビル出入口の柱の投光器・・・500W(水銀灯)⇒130W(LED) 約74%減

 

当社の電気料金から、業者の方が試算してみたところ・・・

4F事務所・・・・・297,657円減(年間)

3F事務所など・・・104,504円減(年間)

 

という結果でした。

これだけを見ると、良いことばかりと思いますが、もちろんデメリットもあります

上記のことも含めて、メリット・デメリットを簡単にまとめてみました。

 

 

 

【メリット】

電力消費量が少ない。

CO2排出量が少ない。

寿命が長い。

水銀を使用していない。

赤外線(熱線)、紫外線の放射が少ない。

気温が低くても発光効率が低下しない。

振動や衝撃に強い。

即応性に優れている。(点滅応答速度:白熱電球の1,000倍)

 

【デメリット】

価格が高い。(電球型だと白熱電球の約4倍)

電球タイプは重い。

光に指向性がある。(全体的に照らす光ではなく、方向により光が集中するため、部分的に暗く感じることもある)

 

デメリットで気になるのは価格ですが、3~4年程で元が取れるので、寿命の長さを考えると、将来的にも経費削減になります

 

ちなみに当社は、RICOH製のLED照明を使用していますが、5年保証がついており、その点も安心できます。

総合的に考えると、メリットの方がはるかに大きいと感じます。

 

以上がLEDのもたらす効果です。それと同時に、当社がLEDに取り替えた理由でもあります。

 

 

 

 

余談になりますが、LEDといえば皆さま記憶に新しいと思いますが、「青色LED」の発明で3名の日本人の方が、2014年度のノーベル物理学賞を受賞されました

 

青色LED自体はもっと前に発明されていたのですが、今回のポイントは「少ない電力で明るく青色に光る発光ダイオード(LED)の発明と、実用化に貢献した業績」を認められての受賞でした。

 

実際に私たちの生活の中で、「照明」や、「液晶のディスプレイ」、「イルミネーション」など様々なところで使用されています。

はすでに開発されていましたが、青色の開発は難しいと言われていて、そのためLEDの色も限定されていましたが、青色が開発されたことによって『光の3原色』が揃い、様々な色の光を作り出せるようになりました。

そこに日本の強みである高い材料技術などが加わって、ディスプレイのフルカラー表示や電子機器の軽量化・小型化が可能となり、デジタル時代の幕開けへとつながりました。

 

この青色LEDが発明されなければ、現在のスマートフォンの普及も遅れていたであろうと言われています

 

また、3原色を混ぜて自然光に近い白色光も再現できるようになり、省エネ照明として家庭にも浸透し始めました。

 

電気工事業者さんによると、この受賞の影響で、LED関連の商品が大変売れているようで、品薄になった商品もあり、入手困難な場合もあるようです。

 

この先、益々LED化が進んでいけば、地球温暖化を防ぐ切り札のひとつとなります。

当社も、こういったところから環境負荷の削減に努めていきたいと思います。

 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
今週は建築・不動産部の小川が2回目の担当をします!
2014-10-20
今週は、建築・不動産部の小川”が2回目の担当をいたします。
今週はちょっと堅苦しいお話になりますが、知っていて損にならない話です。
  
中小不動産会社は、だいたい次の2団体の保証協会に所属しています。
 
 ●全国宅地建物取引業協会 → 「ハトさんマークの宅建協会」
                       (写真)
 
  ●全日本不動産協会   → 「うさぎさんマークの全日協会」
 
と言うか、不動産業を行うにあたって ”大手不動産会社” 以外は、上記の2団体
を含め、必ずどこかの保証協会に入らないといけない様に規則で定められてます。
 
名刺に、「〇〇協会所属」とか仰々しく書かれているのをよく見ますが、当たり前のことで
最近は、名刺に所属協会が書かれていない方が多いかもしれません。
 
逆にどこの協会にも所属していない業者があれば、不動産取引は出来ませんので気をつけましょう 
 
因みに、
大手会社は自社で保証供託を行っていますので、保証協会には入っていません。
 
弊社は、ハトさんマークの宅建協会に所属をしています。
また、宅建協会では、所属している会社は年3回ある研修会には必ず参加しなければ
いけない事になっていて、この14日(火)に今年3回目の研修会があり、参加をして
きました。その中で、敷地面積の話がありましたので、後学のために少し豆知識を
お伝えいたします。
 
「土地登記簿謄本」の地籍の項目に ”敷地面積” が記載されているのですが、
その面積が本当に正しいかどうかは、謄本を見ただけでは分かりません。
 
私の経験上の感覚では、本当の面積を記載された謄本は、3割程度だと思います。
従って、土地を売買する時には、公募面積(謄本上の面積)及び実測面積(実際に
敷地測量)のどちらかで取引するのかを決めます。
 
公募面積で取引きした場合に、後に敷地測量をした時に面積の違いが出て、
広くなったり、狭くなったりします。
売った人が得をするか、買った人が得をするのかはわかりません。
 
それでは、お互いに損をしない様に敷地測量をしようとしますが、その時の測量の
仕方で大きく意義が変わります。広さだけの測量だけでは、ダメなのです。
 
敷地は、ほとんど他人の名義の隣地(公共の道路、川、水路、池等も含む)に囲まれて
います。その囲まれた他人の隣地の境界を全て決めていかなければ、本当の敷地
境界線も存在しません。
 
従って、全ての隣地境界線を隣地の立会いの元で敷地境界線を決めていって測量を
する事を 『確定測量』 と言います。この「確定測量」の意義を知らない業者さんが
今まで取引をしてきた中でも、結構おられます。
 
また、この「確定測量」が出来ていないと以前は可能でしたが、現在は土地を分割して
登記(分筆登記)する事も、出来なくなっています。条件によっては、「確定測量」が
出来ない敷地もありますので、今後は土地面積が確定測量によって出された面積か
どうかも知る事が大切な要素ですので、確定測量という言葉と意義を覚えておいて
損はしないと思います。
 
   確定測量済みで分筆が完了しています。
 
『パシフィック八尾Ⅲ』も、確定測量済みで
   開発工事終了すれば分筆予定です。
 
 『パシフィック寺田町も確定測量済みで、
  分筆はしていませんが、いつでも分筆は可能です。
 
 
不動産物件は、思った以上に奥が深いです!!
 
 
 
※上記の各物件名をクリックしていただくと、その物件の詳細画面に変わります。
 
 
 
☆観葉植物リニューアル☆
2014-10-02
今週は総務がブログ更新ということで・・・
先日、ショールームの観葉植物をリニューアルしました(o´∀`)
やはり緑があると雰囲気が変わりますね
空気も心なしか澄んで・・・いるような?
兎にも角にも、植物は気分をリフレッシュさせてくれます
 
では、新たにお迎えした植物をいくつかご紹介します
 
まず、当社ビルの入り口には、私の背を軽く超える大きなポトスタワー
お客様をお出迎えしております(参考までに私の身長は156㎝でございます)
 
蔓科のポトスは成長が早く、放っておくとすぐに四方八方に伸びてしまうので、
支柱に巻きつけてタワー状にセッティングしております!植木屋さんが。
 
ポトスのお手入れもですが、わたくし所属は総務ですが、稀にお客様をご案内することも
ありますので、自分自身の身だしなみにも気を配らなくてはいけませんね。とか言ってみたり
 
ちなみにポトスは、別名「黄金蔓(オウゴンカズラ)」とも呼ばれております。
なんか聞いたことある~と思いました、私。
 
花言葉は『長い幸』『永遠の富』『潤い』『華やかな明るさ』
『永遠の富』まさに会社的にはもってこいの花言葉ですなぁ( *´艸`)フフフ
『華やかな明るさ』、お客様をお迎えする玄関にピッタリではございませんか
 
ショールーム入り口のシューズボックスの上には、トロピカルな雰囲気の
バナナに似た形の葉が特徴的なオーガスタ
ひっそりとお出迎えしております 。+.゚ヽ(o´∀`)ノ゚.+。
 
オーガスタの別名は「Strelitzia Nicolai(ストレ(リ)チアニコライ)」です。
皇帝ニコライ一世の名前からつけられたとか・・・
※ニコライ一世とはロシアの皇帝です
 
うーん、セレブな観葉植物ですね。
何故皇帝の名前が付けられたかは謎です
知っている方は私まで情報を
 
花言葉は『暖かい心』
うん、大事ですね。
お客様だけに限らず、同僚、家族、友人、隣の人、人に対して暖かい心で接する。
これ人生の課題ですねε-(;- ω -`A) フゥ…
 
リビングの応接…はまた次回にします。
写真を撮り忘れたからではありませんよ!(。`・ω・´。)

キッチン付近にはドラセナマッサンゲアナ。長い…長いよ
はい、通称マッサンです。本当ですよ
マッサン・・・今が旬ですね。朝ドラとか朝ドラとか朝ドラとか・・・
 
マッサンは別名、「幸福の木」と呼ばれ、お祝い事などの時に贈られることの多い植物です。
花言葉は、その名の通り『幸福』です。
そりゃそうです。

皆様に幸福が訪れますように…と願うのは勿論ですが、
わたくし個人的な理由でもう一つの花言葉の方が気になっております

『幸せな恋』
それは知らなんだ
「幸福の木」ということと見た目で購入したのですが・・・なんか良かったーヾ(*´∀`)ノ
 
新しい土地、新しい家、環境が変われば関わる人も変わりますよね。
当社では、現在
の開発工事を着々と進めております
新しい家・・・建ててみませんか
 
いきなりめちゃめちゃ宣伝しましたが、新しい場所では新しい出会いがあるのです
それでは皆様に、そしてに幸せな恋が訪れることを願って、仕事も頑張りましょう。
お客様がいらっしゃった時に、少しでも居心地が良いと思っていただけるような空間作りを目指して

総務、田中が担当致しました

花言葉って・・・誰が決めているのでしょうか・・・謎(´・_・`) 
 
 
 
パシフィック東住吉パートⅤ担当の永野です!
2014-09-26
こんにちは!
 
『パシフィック東住吉partⅤ』の物件を担当をしています
 
永野です!
 
季節も夏から秋へと移り変わり、朝夕は過ごしやすくなってきましたね。
 
分譲現場の近くに”大和川”があります。
そこでは、きれいな夕焼けを見ることができますので、一部をご紹介いたします。
 
夕焼けの写真(①~③)は、上部に掲載しています。
 
と、
こんな感じでとても表情も豊かです!
大阪市内ですが、とても緑も多く、お散歩コースもたくさんあります。
 
だんだん宣伝になってきましたが、
 
『パシフィック東住吉partⅤ』分譲中です!
 
是非、現地までお越しください。
 
心からお待ちしております!
 
 
「パシフィック東住吉partⅤ」 ← ここをクリックしてください。 
 
 
2回目の登場です!  不動産部の山田です!
2014-09-18
不動産部の山田です!
 
秋の気配を感じられる季節になりましたが、夏の出来事をひとつ書き綴っておきます。
 
この夏、生まれて40数年目にして初めて『鳥取』の地に足を踏み入れました!
子供の夏休みの宿題(手作り新聞のようなもの)のネタ造りで訪問しました。
足跡は、以下の通りです。
 
*鳥取砂丘 ⇒ 巨大な砂の壁に打ちのうちのめされ日頃の運動不足を
        思い知らされる(ちなみに子供はスイスイと登頂に成功!)(>_<)
 
*水木しげるロード ⇒ あいにくの雨 … しかし訪問客多し!
            (ここも『妖怪ウオッチ』効果あり?)
 
なんといっても道中で見た風景ですが、
風力発電用の巨大な風車が果てしなく(そんな感覚だったので)建ち並んだ風景が、
わたくし的には大変印象に残っております。             【写真①】
 
話は変わりますが、先日、物件現地確認業務で”箕面方面”に行きました。
かなり昔にお猿さんに出会った記憶もあって、なんとなく懐かしい気分になりました。
 
今回は、残念ながら少しの時間だったので、『紅葉の天ぷら』を少し食べて帰社となりました。
                                       【写真②】
川のせせらぎを聞きながら、森林浴効果もあったせいか、”いい味”していました!
ちなみに物件も良かったです。!(^^)!            【写真③】
 
 
リコージャパン株式会社様の展示会に行って来ました!
2014-09-10
今週は、総務人事(担当:横治)が担当いたします。
 
先日、リコージャパン株式会社様の展示会&セミナーに行って来ました!
 
『Value Presentation 2014  大阪会場』
 
会場:大阪国際会議場(グランキューブ大阪)
日程:2014年9月9日(火)~10日(水)
主催:リコージャパン株式会社、リコージャパンビジネスパトナー
 
 
セミナーは時間的なこともあり出席していませんが、リコージャパンの営業担当者様と一緒に、
展示会場を見学させていただきました。
 
パソコン、スマートホンやipadなどを利用した最新技術のシステムやソフト等の紹介コーナーがあり、
弊社の営業部や建築・不動産部の方々が活用できそうなものもありました。
 
また、
現在、リコー様がテレビ等で宣伝をされている工事不要の『LEDランプ』の紹介コーナーもあり、
既に、弊社内でもその商品:「直管形LEDランプ」を検討していることから、その担当者様に
商品の特徴など説明をお聞きいたしました。
 
その説明をお聞きし、日々の業務中、事務所内はずっと「蛍光灯」が点灯していることから、
”LED”は電気代の削減効果が大きいので、とても経費節減に期待ができると思いました。
 
また、もう一つ感心したことは、点灯している『LEDランプ』発熱しておらず、
蛍光灯を手で持っても熱くなかったことです。
 
■写真の解説
 向かって左から、「受付」、「展示会場内」、「LEDランプの紹介コーナー」の写真です。
 
今後も、何かのイベント等に出席させていただいた内容もお話させていただきたいと、
思います。 
1
201407041100204882.jpg
018477
<<太平地所株式会社>> 〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町8-6-26 TEL:06-6797-0349 FAX:06-6703-6788